乗用車と小型トラック

エネルギー効率の向上を目指して

イメージ

環境問題への意識が高まり、排気ガス規制がますます強化される中、自動車産業は未曾有の変化に直面しています。 多くの車両システムの制御と監視にコンピューター技術が採用されています。 特殊車両に使われていた軽合金などの新材料が主流製品に使われるようになり、また新技術によってさらなるエミッション削減が可能となっています。


このような変化は自動車工学と車両システムに関わる方々にとって、将来性が期待できるものであると同時に、厳しい挑戦でもあるのです。 私たちSKFは、1世紀以上にわたり自動車産業で培ったアプリケーションの専門知識をもとに、お客様のお役に立ちます。

CO2削減 - SKFが実現させます

SKFは、ハブベアリングユニットと専用設計エンジンオイルシールを世界で初めて開発しました。 今日、SKFは軸受やシール1個からセンサーベアリングやパワートレイン全体まで、CO2削減に有効な製品・サービスを提供しています。 また既存および次世代のパワートレインについて、CO2削減量が計算できる独自のソフトウェアもご用意しております。

次世代の低摩擦・軽量化案の開発、燃費効率の改善、急速に変化する市場での競合など、お客様のあらゆる課題について、SKFが支援いたします。

用途が変われば、要件も変わります。

お客様の要件を満たすソリューションについては、ここをクリックするか、日本エスケイエフに直接お問合せください。 リンク先の情報は現在英語のみです。
SKF logo