SKF、「SMM 2018」で海洋産業向けの新製品を展示

  • ストーリー

    2018 6月 20, 13:00 CEST

    SKFは、「SMM2018」展示会(9月4~7日ハンブルク)にて、船主や事業者の皆様が現行のみならず将来の環境規則を順守しやすくするような新製品群、ならびにメンテナンスプロセスや性能の改善を支援する新製品群を披露します。 新製品には、環境に優しいシャフトラインおよび状態監視ソリューションが含まれます。

    2018年6月20日、スウェーデン、ヨーテボリ: SKFはSMM展示会にて新たな4製品を発表するほか、海洋産業向けの最新の製品群を展示します。

    SMMでは、環境に優しいシャフトラインソリューションSimplex BlueRunを初公開します。 この水潤滑方式の船尾管ソリューションには、Simplex BlueRun軸受とキャリアブッシュのほか、Simplex BlueRun船尾軸状態監視システムが含まれます。 

    また、SKF EcoModeも展示予定です。 このソフトウェアはフィンスタビライザーの作動を確実に最適化するために開発されたもので、運動の遡及的分析に基づいて推奨事項や対処法を提供します。

    さらに、あらゆる船舶で行われる油性水処理プロセスを最適化するために、SKFは次のような2件の新製品も開発しました。 一つは油性水分離器の手前で使用するろ過ユニットTurbulo SolidMasterで、ビルジ水中に漂う固形物を機械的に取り除きます。 また、油性水分離器の生データ(油性水分離器によるすべてのオイル排出)を記録する電子ツール/ログブック、Turbulo HycaLoggeという新製品も展示されます。

    広範な海洋関連製品の展示と同時に、SKFのブースには会期を通じて製品開発者および海洋専門家が常駐します。ご来場の際には、お客様特有のアプリケーションニーズに対応できるソリューションなどについてご相談いただけます。

    SKFのブース: ホール A1、スタンド 210

    Aktiebolaget SKF
         (publ)

    内容についてのお問い合わせ:
    プレス向け広報: Nia Kihlström, +46 31-337 2897; +46 706 67 28 97; nia.kihlstrom@skf.com

    SKFは軸受やシール、メカトロニクス、潤滑システムのほかに、技術サポートや保守・信頼性サービス、技術コンサルタント・研修を含むサービスのグローバル・サプライヤーです。 SKFは130カ国以上に拠点を配置し、世界中に約17,000の代理店を展開しています。 2017年度の年間売上高は779億3800万スウェーデンクローナ、従業員数は45,678人です。www.skf.com 

    ® SKFはSKFグループの登録商標です。

  • 画像

プレスキットのダウンロード

プレスキット (516 KB)

SKF logo