(新製品)SKFは新型超音波リークディテクターを発表

  • ストーリー

    2018 7月 23, 09:00 CET

    SKF超音波リークディテクター TKSU 10は、空気漏れを簡単に特定します。

    2018年7月23日、スウェーデン、ヨーテボリ: SKFは本日、超音波リークディテクター TKSU 10を発表しました。この機器は、超音波技術を用い圧縮空気や真空装置の漏れを簡単に突き止めます。

    TKSU 10は騒音環境での使用を想定して設計され、超音波測定センサーを用いて漏れを特定します。 この機器は便利なLEDディスプレイ表示で、漏れ検出の最適化と漏れの定量化のサポートが可能です。

    TKSU 10には、漏れ検出に必要な以下のコンポーネントが全て付属しています。 軽量でコンパクトな漏れ検出機器、安全ヘルメットに装着することができる首ひも付ヘッドセット、狭い場所でも使用可能なフレキシブルプローブ、電池、USBケーブル、SKF専用ケース

    SKF超音波リークディテクターは、製紙、化学およびエア駆動電動工具を使用する作業場を含む、圧縮空気を使用する産業向けに設計されました。

    Aktiebolaget SKF
    (publ)

    詳細につきましては、下記までお問い合わせください。
    プレス向け広報: Sabine Hergenröder, +46 31 337 64 18; +46 70 577 64 18; sabine.hergenroder@skf.com

    SKFは軸受やシール、メカトロニクス、潤滑システム、そして技術サポートや保守・信頼性サービス、技術コンサルタントおよび研修を含むサービスのグローバル・リーディング・サプライヤーです。 SKFは130カ国以上に拠点を配置し、世界中に約17,000の代理店を展開しています。 2017年度の年間売上高は779億3800万スウェーデンクローナ、従業員数は45,678人です。www.skf.com

    ® SKFはSKFグループの登録商標です。

  • 画像

プレスキットのダウンロード

プレスキット (2.3 MB)

SKF logo