ポルトガル鉄道に、メンテナンス間隔の長いSKFホイールセット軸受が採用

  • ストーリー

    2018 6月 27, 09:00 CEST

    Empresa de Manutenção de Equipamento Ferroviário, S.A.(EMEF) がSKFの円すいころ軸受ユニットを採用、コライユ客車のY32ボギーに現在使用されている円すいころ軸受を交換し、メンテナンス間隔の延長を図ります。

    2018年6月27日、スウェーデン、ヨーテボリ: ポルトガル鉄道の車両メンテナンス会社であるEMEFは、コライユ客車のY32ボギーで現在使用されている円すいころ軸受から、ほぼ同寸法のSKFグリース封入済み円すいころ軸受ユニット (130x220 mm)への全面的な交換を行っています。 交換にあたって唯一必要となる軸箱スリーブとリアカバーの簡単な変更は、EMEFが実施します。

    SKFの軸受が交換用として選ばれた理由は、その低いライフサイクルコストと、メンテナンス間隔が現在の500,000 kmから800,000 km (または8年間の、いずれか先に達した方) に延びるという、メンテナンス上非常に有利な特長にあります。 また、円すいころ軸受ユニットを使用する新しいソリューションは、2つのシングル円すいころ軸受を組み合わせたうえ、別の軸受メーカーが供給する間座で分割するという既存の円すいころ軸受アレンジと比べた場合、取り付け・取り外しが大幅に簡素に行えます。

    EMEFは2012年以降、およそ16個の円すいころ軸受ユニットをY32ボギーに取り付けて試験運転を行ってきました。2015年、走行距離が500,000 kmに達した時点でこれらのうち8個の軸受を検査のために取り外したところ、状態は「非常に良好」と判断されました。 EMEFはこの試験運転を受け、現在運行中の79台のコライユ客車に取り付けられている632個すべての円すいころ軸受ユニットを新しいソリューションに交換することを決定、2019年までの完了が見込まれています。

    SKFは、鉄道業界のグローバルサプライヤーであり、貨物輸送と大量輸送の両方のサービスに注力しています。 SKFは、メーカーおよびエンドユーザーの皆様に、ホイールセット軸受、軸箱、駆動システム軸受、潤滑システム、シール、状態監視を含む広範なソソリューションを提供しています。 また、SKFは再生サービス、オンサイトエンジニアリングサービス、製品研修、アップグレードなどのアフターサービスも提供しています。

    Aktiebolaget SKF
            (publ)

    詳細につきましては、下記までお問い合わせください。
    プレス向け広報: Nia Kihlström, +46 31-337 2897; +46 706 67 28 97; nia.kihlstrom@skf.com

    SKFは軸受やシール、メカトロニクス、潤滑システム、そして技術サポートや保守・信頼性サービス、技術コンサルタントおよび研修を含むサービスのグローバル・リーディング・サプライヤーです。 SKFは130カ国以上に拠点を配置し、世界中に約17,000の代理店を展開しています。 2017年度の年間売上高は779億3800万スウェーデンクローナ、従業員数は45,678人です。www.skf.com

    ® SKFはSKFグループの登録商標です。

  • 画像

プレスキットのダウンロード

プレスキット (10.1 MB)

SKF logo