SKF、フランスの軸受再生・物流センターに2億SEKの設備投資

2018 11月 12, 10:00 CET

2018年11月12日、スウェーデン、ヨーテボリ: SKFはフランス、サン・シールにある物流センターと軸受再生センターに2億スウェーデンクローナ(約26億円*)を投じ、アップグレードと近代化を進めています。(*1SEK=13.14円)

この物流センターへの投資により、サン・シールで生産される全製品を最新鋭の倉庫で保管可能となり、サービスレベルとリードタイムが向上します。 また、従業員の安全と製品のトレーサビリティも改善されます。 物流センターは2018年第3四半期に運用が開始されました。

軸受再生へ投資をすることで、サン・シール工場では大型旋回軸受(軸径3.5~6メートル)の再生など、生産能力が拡大されます。 より柔軟なサービスと短いリードタイムをお客様に提供できるようになることから、鉱業アフターサービス市場への製品供給が強化されます。 再生センターは、2019年末までに完全な操業開始を予定しています。

SKF軸受事業部門トップのKent Viitanenは次のように述べています。 「これらの投資によって、カスタマーサービスレベルと製品供給の持続的な改善が可能になります。 新しい物流センターは高いLEED評価を受けることを目標に設計されたもので、事業による環境への影響を減らそうという当社の一貫した取り組みを示しています。」

Aktiebolaget SKF
(publ)

内容についてのお問い合わせ:
広報: プレス向け広報ディレクター Theo Kjellberg

電話番号: +46 31 337 6576、携帯電話: +46 725-776576、メールアドレス: theo.kjellberg@skf.com

投資家向け広報: 投資広報担当リーダー Patrik Stenberg
Patrik Stenberg、+46 31-337 2104;+46 705-472 104;patrik.stenberg@skf.com

SKFは軸受やシール、メカトロニクス、潤滑システム、そして技術サポートや保守・信頼性サービス、技術コンサルタントおよび研修を含むサービスのグローバル・リーディング・サプライヤーです。 SKFは130カ国以上に拠点を配置し、世界中に約17,000の代理店を展開しています。 2017年度の年間売上高は779億3800万スウェーデンクローナ、従業員数は45,678人です。www.skf.com 

® SKFはSKFグループの登録商標です。

プレスキットのダウンロード

PDF版 ()

SKF logo