企業情報

SKFは、1907年(明治40年)に設立して以来、世界のテクノロジーを牽引してきました。SKFの根本には、継続的に新しい技術開発を行う強みがあります。そして、その能力をお客様の競争力向上に貢献する製品作りに役立てています。 SKFでは、それぞれのプラットフォームが手を取り合い、知識と40以上の産業での経験を結集し技術開発を行っています。 SKFのプラットフォームは、 「ベアリングとユニット」、「シール」、「メカトロニクス」、「サービス」および「潤滑システム」で構成されています。 私たちの成功は、SKFナレッジ、従業員、SKFケアの原理原則に基づいています。

効率性の向上とエネルギーの節減

今日、SKFの技術開発では、環境負荷の削減を最重視しています。私たち自身やお客様の資産(機械や設備)のライフサイクルが、環境に与える負荷を減らす取り組みを行っています。 SKF BeyondZero製品ポートフォリオは、この分野でSKFが提供している技術の最新例です。

SKFはナレッジ・エンジニアリング・カンパニー(Knowledge Engineering company)として、今後もさまざまな産業に貢献していきます。

会社概略

SKFケア-持続可能な開発への私たちの専念

SKF logo