針状ころ軸受

シェル形針状ころ軸受
シェル形針状ころ軸受
SKF針状ころ軸受は、長さに比べて直径が小さい円筒形のころを持つ軸受です。ころ転動面両端はわずかに曲率を持ち、ころと軌道面との線接触を緩和させています。これによってころ端でのピーク応力の発生を防ぎ、軸受の実用寿命を延長することができます。針状ころ軸受は、断面の小ささにもかかわらず、高い負荷容量を持ちます。そのため、ラジアル方向のスペースが限られている軸受配列に非常に好適です。

SKFは多くの設計、系列の針状ころ軸受を幅広い寸法レンジで提供していますので、多様な運転条件やアプリケーションに適合するタイプをお選びいただけます。

リンク先は英語サイトです。

SKF logo