球面ころ軸受

球面ころ軸受は二列のころを持ち、外輪には球面状の共通の軌道面があります。内輪には軌道面が2つあり、軸受中心に対して一定の角度で傾斜しています (fig. 1.) 。外輪軌道面の球面の中心点は、軸受中心にあります。このことから、この軸受は自動調心型であり (fig. 2) 、軸のたわみなどによって発生する、ハウジングに対する軸のミスアライメントによる影響を受けにくくなっています。球面ころ軸受は、重ラジアル荷重ならびに重アキシアル荷重を両方向で負荷するように設計されています。
軸受の性能は、荷重または定格回転数によってのみ決まるわけではありません。その他にも多くの要因が軸受の性能に影響を与えます。性能は、ころ、軌道面、保持器の形状や熱処理などのほか、全接触面の表面仕上げに大きく影響されます。SKF球面ころ軸受の性能は、下記のような要素の他、多くの要因によって影響を受けます。
  • 対称ころ
    対称ころは、ころ全長に渡って荷重が最適な状態に配分されることで、自動調心を行います(fig. 3)。このため、どのような荷重条件でも応力を低く抑え、軸受の実用寿命が長くなります。
  • ころの公差
    SKF球面ころ軸受のころは、寸法・形状とも、極めて厳しい公差で製造されています。セットとして組み合わされた全てのころは、寸法も形状も互いに限りなく同一です。このことから、ころ上での荷重配分が最適化され、軸受の実用寿命が最大化されます。
  • 特殊なころ形状
    ころと軌道面との接触面の応力分布は、ころ転動面の形状によって決まります。特殊形状によって荷重がころ全体に均等に配分され、ころ端面でのピーク応力の発生を防ぎ、軸受の実用寿命を延長することができます(fig. 4)。
  • 自己案内ころおよびころ列間の案内輪
    自己案内型のころにより、摩擦および摩擦熱が軽減されます(fig. 5)。 案内輪は、無負荷域のころが荷重負荷域の最適な位置へ進入するように導きます。
  • 金属製保持器
    すべてのSKF球面ころ軸受に、強靭な金属製保持器が付いています。これにより、高温やあらゆる種類の潤滑剤に耐えることができます。
SKF logo