Contact

アプリケーション


工作機械およびろ過システム

今日の金属加工に課せられる要求は、高くなる一方です。特に機械製造の分野では、コストを下げつつ品質を上げることが常に強く求められます。そのため、効果的な冷却潤滑剤の安定供給を確保することが非常に重要となります。現在まで長年にわたり、シュパンダウポンプは最高の柔軟性と多様性をもってこの点に関するすべての要求に応えてきました。 ...

ウェット加工

ウェット加工では、工作機械と加工物との両方に適正な量のクーラントを供給しなければなりません。クーラントによって、熱と同時に小片や切粉が取り除かれます。このような回路の技術的実装において、シュパンダウポンプはろ過システムおよびクーラント準備システムで計り知れない価値を発揮することが実証されています。...

放電加工(EDM)

はスパークエロージョンを用いる加工法で、金属などの導電性材料にのみ使用します。通常の機械加工法とは異なり、EDMは硬い材料や特殊な材料の切断が可能です。しかし、壊れやすく温度の影響を受けやすい材料を切ることもできます。 ...

印刷機および梱包機

シュパンダウポンプは印刷機および梱包機業界向けに、包括的かつ多様なシステムソリューションを提供しています。ESD50-B20遠心ポンプユニットは、革新的なコンパクトソリューションとなっています。ESD50浸漬ポンプは、摩耗部品のないリザーバータンクを持つポンプとして開発されました。 ...

インキの供給

多くの場合、雑誌、パッケージ、ラッピング、新聞、カタログなどは輪転グラビア印刷およびフレキソ印刷といった方法で印刷されます。これらの印刷機は複数のインキ供給ユニットを備えており、各ユニットにインキポンプがついています。 ...

湿し水冷却システム

オフセット印刷のプロセスでは、一般的に、画像部分にインキで色をつけたりロール印刷をしたりする前に、印刷プレートの画像がない部分に水ベースの溶液でコーティングを施しておきます。このコーティングのプロセスで、湿し水冷却システムが必要となります。 ...

温度制御と冷却ユニット

温度制御とは、媒体を一定の温度にして、その温度を保つことを指します。制御には、冷却する場合と加熱する場合の両方があります。冷却に特化しているメーカーもあれば、加熱を主としているメーカーもあります。しかし、最近の傾向は、冷却にも加熱にも対応可能な組み合わせユニットの構築が主流となっています。 ...

温度制御

生産プロセスで確実に温度制御を行うには、多くの場合、熱伝達流体が理想的な媒体となります。このような流体として、最大100°C(加圧なし)または最大150°C(加圧あり)の水が使用されます。それ以上の温度では、熱伝達流体としてオイルが頻繁に使用されます。...

鉱業

鉱業アプリケーションでは、砂や粉塵などの汚染物質への対策が必要です。油圧システムや潤滑システムからこれらの汚染物質をシャットアウトすることは、必ずしも100%可能ではありません。また、激しい温度変動、高湿度あるいは強度の乾燥などによって、状況はさらに困難になります。...

レンズ製造装置

シュパンダウポンプは、矯正レンズ、暗視装置用または双眼鏡用の特殊レンズ、望遠鏡、撮影機器、精密レンズなどの製造に使用されるレンズ製造装置が直面するポンプ関連の課題に対して、卓越したソリューションを提供しています。 ...

製造方法

シュパンダウポンプは長年にわたって、切断、ドリル、旋削、フライスなどの加工機械のためのろ過、冷却、温度制御システム用ポンプとして、お客様から支持されてきました。ガラスソーはブロック状のガラスを切るために使用されます。...