Cookies on the SKF website

SKF uses cookies on our websites to align the information shown as closely as possible to our visitors’ preferences, such as country and language choices.

Will you accept SKF cookies?

Contact

放電加工

Operator use graphite EDM electrod to make precision mold and die
PSC-with-water-cooled-motor
PSC
放電加工(EDM)はスパークエロージョンを用いる加工法で、金属などの導電性材料にのみ使用します。通常の機械加工法とは異なり、EDMは硬い材料や特殊な材料の切断が可能です。しかし、壊れやすく温度の影響を受けやすい材料を切ることもできます。その精度と正確さにより、EDMは複雑な形状の加工やアンダーカット加工に広く使用されています。

EDMの全体的性能を左右するのが、使用するポンプのタイプです。当社はこの事実を、EDM機の開発者やユーザーとの密接な連携を通して認識しています。そのため、この度、EDM市場のためのほぼ完璧なソリューション、シュパンダウ・マルチステージ遠心ポンプPSCを提供することとなりました。

PSCは水冷式モーターをハウジング内に組み入れることができるため、EDM機の素晴らしいソリューションとして多くの優れた利点を提供します。例えば、水冷式モーターはエネルギーの消費を削減します。騒音も著しく減少します。メンテナンスをあまり必要とせず、運転コストも下がります。さらに、PSCは機械本体内部に直接取り付けることができるため、余分なスペースを必要としません。最も重要なのは、水冷式モーターではモーター自体の余剰熱が加工プロセスへ伝達されるのを、非常に効果的に防止できるという事実です。そのため、機械の温度が一定に保たれて、精度や正確さが低下しません。