Contact

製造方法

Spandau Pumpen 長年にわたって、切断、ドリル、旋削、フライスなどの加工機械のためのろ過、冷却、温度制御システム用ポンプとして、お客様から支持されてきました。

ガラスソーはブロック状のガラスを切るために使用されます。ソーブレードの下に取り付けられた受け皿から、冷却液が供給されます。ガラス用バンドソーは、金属または木材を加工するためのバンドソーとよく似た構造をしています。

ガラスを丸い形に研削する際は、円筒研削盤が使用されます。加工物のスピンドルと旋盤のスピンドルは、通常平行に運動します。クーラントは、機械のベース部に取り付けられたポンプによって供給されます。

類似した部品を大量に加工する場合は、粒子の粗い研磨剤を用いたラッピングの代わりに曲線を形成する方法が取られます。「フライス加工」というのはこの工程を示す光学レンズ業界用語ですが、実際には研削プロセスのことを指します。

自動化された最終ラッピング・ポリッシング機は、「オーバーアーム機」とも呼ばれます。駆動力は、水平のメインシャフトからクラッチディスクを介して、垂直の偏心スピンドルへ伝えられます。これと平行して、機械ベッド上方のボウル内まで延びるボウルスピンドルがあります。ラッピングおよびポリッシングによって出た余剰の材料は、このボウルに集められます。

レンズのラッピングとポリッシングが完了すると、センタリング機でレンズ円周を整えます。基本的なセンタリング機は、センタリングチャックを支持する円錐すべり軸受内で回転するスピンドルを持つ、軸受ブロックで構成されています。レンズはこのチャックに固定され、反射像によって芯出しが行われます。真円ではないレンズ円周は、真ちゅう板によって研削されます。クーラントは、 1台のポンプで複数の機械に同時に供給できます。

ポリッシングや研削で出た粒子は、非常に沈殿しやすい性質を持っています。これに対し、Spandau Pumpen、シャフト端のメートル系ねじ山に取り付けた攪拌器によって、ポンピングされる液体を常時攪拌する(上図を参照)というソリューションを提供しています。これにより、粒子の沈殿と硬化を効果的に防止します。

含有コンタミが多い体用汎用ポンプ

Designation

Qmax

[l/min]

Hmax

[m]

TypePDFファイル
PR304Centrifugal pump1-6011-JA
PRA12032Centrifugal pump1-6001-JA


含有コンタミがない媒体用汎用ポンプ

Designation

Qmax

[l/min]

Hmax

[m]

TypePDFファイル
PRG6032Centrifugal pump1-6007-JA
PSR180255Centrifugal pump1-6065-JA
PXA500250Centrifugal pump1-6062-JA