SKF2019年半期レポート

2019 7月 17, 08:00 CEST

販売量減少も好調な業績

2019年7月17日、スウェーデン、ヨーテボリ

社長兼CEO、Alrik Danielson:

「需要の低い市場において、コストを適切に管理する取り組みの成果が出ています。 第2四半期の営業利益率は、リストラおよび評価損のコスト3億1,700万スウェーデンクローネを含めた25億3,900万スウェーデンクローネ(SEK)でした。 営業利益率は11.3%(前年12.9%)を報告、リストラおよび評価損のコストを含まない基礎的営業利益率は12.7%となり、6四半期連続で12%を上回りました。

純売上高は225億スウェーデンクローナで、既存事業売上高が前年に対し1.6%低減しました。 売上高は欧州ではほぼ横ばい、アジアおよび北米では若干の減少、中南米では著しく増大しました。

費用削減および価格が業績に貢献しました。 また一方で、リストラおよび評価損が3億1,700万スウェーデンクローナの悪影響を及ぼしました。 事業運営のキャッシュフローは、前年並みとなりました。

産業事業部門は、今期も営業利益率が13.9%(前年14.7%)と既存事業の伸びが0.6%(前年10.7%)と好調でした。 発表されたリストラおよび評価損が決算報告に悪影響を及ぼしましたが、基礎的営業利益率は昨年より増加しました。 売上高は欧州、アジアおよび北米ではほぼ横ばいでしたが、中南米では増大しました。

自動車事業部門は、営業利益率が4.8%(前年8.7%)と貢献しました。 北米およびアジアにおける販売数量の大幅な減少、欧州での減少および中南米での大幅な増加で、既存事業の伸びは- 6.8%(前年+5.2%)でした。

第2四半期中は、製造拠点の地域化および自動化に投資し続けました。 深溝玉軸受への4億5,000万スウェーデンクローナの投資を発表しました。 この投資は、SKFの深溝玉軸受のグローバル製品開発拠点があるアジアにおいて、当社の目指す完全なバリューチェーン・アプローチの採用を支援します。

当四半期では、クリーンテクノロジーのスタートアップ企業であるRecondOil Sweden AB社を買収しました。同社は、潤滑流体および油の消費を大幅に削減できる化学薬品ろ過および再生プロセスを開発しました。 RecondOil社は、当社が提供する回転機械の運用最適化に戦略的に適合しており、お客様の事業における環境への影響を低減することに貢献するSKFの取り組みを支援します。

2019年第3四半期に入り、産業部門ではほぼ横ばい、自動車部門では減少と、グループ全体としてやや低めの需要になると予想しています。」


主要な数字、百万SEK 
2019年第2四半期2018年第2四半期 2019年半期2018年半期
純売上高22,48822,62043,76643,180
営業利益*2,5392,9255,1975,550
営業利益率*(%)11,312.911.912.9
税引前利益2,2612,7834,7035,208
融資前の投資後純現金収入1,4482,1822,1322,441
一株当たり利益3.324.257.098.02

*リストラおよび評価損を含む

第2四半期純売上高の変化(前年比、%) 既存事業 構成 通貨 合計 
SKFグループ-1.6-2.63.5-0.7
産業0.6-3.83.80.6
自動車-6.80.2-3.0-3.6


半期純売上高の変化(前年比、%) 既存事業 構成 通貨 合計 
SKFグループ-0.7-2.64.61.3
産業1.7-3.64.82.9
自動車-6.30.04.1-2.2


現地通貨における既存事業第2四半期売上高の変化(地域別前年比、%) ヨーロッパ 北米 中南米 アジア 中東およびアフリカ
SKFグループ-1.7-3.28.8-2.2-5.4
産業+/-+/-+++/----
自動車-----+++--+++


現地通貨における既存事業半期売上高の変化(地域別前年比、%) ヨーロッパ 北米 中南米 アジア 中東およびアフリカ
SKFグループ-0.5-1.75.4-1.2-6.8
産業++/-+++/---
自動車-----+++--+++

見通しとガイダンス

2019年Q3の需要(2018年Q3との比較)

SKF製品およびサービスの需要は、産業部門ではほぼ横ばい、自動車部門では減少し、グループ全体では若干減少すると予想されます。 アジアでは需要がほぼ横ばい、ヨーロッパおよび北米ではやや低め、中南米では若干増大すると見られます。

2019年Q3のガイダンス

  • 純財務: -245億SEK
  • 通貨による営業利益への影響は、2019年6月30日付けの為替レートに基づくと、2018年第3四半期と比較しておよそ+1億3000万スウェーデンクローナになる見通しです。

2019年のガイダンス

  • 売却済み事業関連の影響を除いた税率: 約28%
  • 有形固定資産への追加: 約28億SEK

電話会議は2019年7月17日午前9時(CET)に開催されます。

カンファレンス ID: SKF または 3588786
国際電話: +44 (0) 2071 928000
スウェーデン: +46 (0)850692180
米国: +16315107495

ウェブサイト: http://investors.skf.com/en/result-centre

Aktiebolaget SKF
(publ)

このプレスリリースの情報は、欧州市場濫用規制(EU) No 596/2014に従ってAB SKFが開示することを義務付けられている情報です。2019年7月17日午前8時、上記担当者により公開に向けた情報の提出が行われました。

内容についてのお問い合わせ:
広報: プレス向け広報ディレクター Theo Kjellberg

電話番号: +46 31 337 6576、携帯電話: +46 725-776576、メールアドレス: theo.kjellberg@skf.com

投資家向け広報: 投資広報担当リーダー Patrik Stenberg
Patrik Stenberg、+46 31-337 2104;+46 705-472 104;patrik.stenberg@skf.com

SKFは軸受やシール、メカトロニクス、潤滑システム、そして技術サポートや保守・信頼性サービス、技術コンサルタントおよび研修を含むサービスのグローバル・リーディング・サプライヤーです。 SKFは130カ国以上に拠点を配置し、世界中に約17,000の代理店を展開しています。 2018年度の年間売上高は857億1300万スウェーデンクローナ、従業員数は44,428人です。www.skf.com 

® SKFはSKFグループの登録商標です。

プレスキットのダウンロード

PDF版 (18.0 MB)

SKF logo