スラスト球面ころ軸受

Spherical roller thrust bearing - sheet metal cage
SKFスラスト球面ころ軸受は軌道面が特殊設計になっており、多数の非対称形ころを組み込むことができます。ころと軌道面との接触性が最適化されているので、ころ全長に渡って荷重が最適な状態に配分されます。そのため、この軸受は比較的高速な運転が行え、一方向の重アキシアル荷重ならびに重ラジアル荷重を負荷することができます。荷重は、一方の軌道面からもう一方の軌道面へ、軸受中心線に対して一定の角度で伝わります(fig. 1)。 スラスト球面ころ軸受は自動調心型であり、軸のたわみなどによって発生する、ハウジングに対する軸のミスアライメントを吸収できます。
SKF logo