円すいころ軸受

円すいころ軸受は内輪と外輪の軌道面が円すい形になっており、ころも円すい形をしています。このような形状は、ラジアル方向とアキシアル方向に同時に作用する複合荷重を負荷するために設計されています。軌道面の延長線はいずれも軸受中心線の一点に集まり (fig. 1) 、純転がり回転と低摩擦を提供します。円すいころ軸受のアキシアル荷重負荷容量は、接触角aが大きくなるにつれて増大します。この角度は、計算係数eと関係があり、eの値が大きくなるほど、接触角も大きくなります。


一般的に、単列円すいころ軸受は対となる円すいころ軸受と共に使用されます。単列円すいころ軸受は分離型です (fig. 2)。つまり、ころ付き内輪(コーン)と、外輪(カップ)を別々に組み付けることができます。

SKF軸受の性能および実用寿命は、下記のような要素の他、多くの要因によって影響を受けます。
ころ端面 / つば接触面
潤滑油膜の形成を促進し維持するため、ころ端面ならびにころ端面と接触するつば面 (fig. 3) の形状と表面仕上げが最適化されました。これによって摩擦および摩擦熱が低減し、つばの摩耗も軽減します。軸受の予圧がより良好に維持されることで、運転時の騒音レベルが減少します。
軌道面の形状
ミスアライメントや重荷重条件下での実用寿命を延ばすため、SKF円すいころ軸受はクラウニング形状もしくは対数曲線形状の軌道面を有し、ころ端部でのピーク応力を防止するようになっています。対数曲線形状は、ころ全長に荷重が最適に配分されるよう設計されています。
形状整合性およびころ寸法
SKF円すいころ軸受に使用されるころは、厳しい公差で製作されるため、ころ寸法相互差が極めて小さくなっています。限りなく小さいころ寸法相互差と軌道面の形状精度とによって、ころ全体の荷重配分が最適化されることから、騒音および振動レベルが低減し、予圧設定をより正確に保つことができます。
慣らし運転
円すいころ軸受では通常、慣らし運転の期間を設けます。従来設計の円すいころ軸受は慣らし運転期間中に著しい摩擦が発生し、その結果摩耗します。これは、温度の急上昇として観察されます(diagram 1)。現在のSKF円すいころ軸受の設計では、軸受の取り付けと潤滑が正しく行われていることを前提に、摩擦、摩耗、摩擦熱が大幅に低減されています。

アソートメント

標準的な円すいころ軸受:

リンク先は英語サイトです。

SKF logo