複式スラストアンギュラ玉軸受

SKF複式スラストアンギュラ玉軸受は、スピンドルシャフトをアキシアル方向に位置決めするために設計されています。この軸受は、NN 30 KまたはN 10 Kシリーズ円筒ころ軸受と同一のハウジングに、これらの軸受と組み合わせて取付けられます(fig. 1)。組合せによって、ハウジング穴の機械加工を単純化することが可能です。

複式スラストアンギュラ玉軸受は、対応する円筒ころ軸受と同じ呼び内径サイズおよび外径サイズで製造されます。ただし、外輪の外径公差については、軽から中程度の内輪荷重がかかる超精密円筒ころ軸受の推奨ハウジング内径公差 (→シャフトとハウジングの推奨はめあい)で製作されたハウジン
グ穴において、適切なラジアル方向すきまを確保できるようになっています。このすきまは、スラスト軸受の外輪がハウジングのアキシアル方向に固定されていれば、ラジアル荷重がスラスト軸受に影響することを防止するのに十分です。

SKF logo