オイルレベラー

最適な給油レベルに自動調節

潤滑オイルレベラー LAHD シリーズ
オイルレベラー
SKFオイルレベラーLAHD 500およびLAHD 1000は、軸受ハウジング、ギアボックス、クランクケースなどのオイルバス給油対象で最適な給油を自動調整することができます。 通常では困難な稼働中の給油量の調整を効率的に行うことで、機械の性能を最適化し寿命延長に貢献します。 さらに、このオイルレベラーは油漏れの自動補正機能や油量の目視点検も可能です。

しくみ
SKFオイルレベラーは2つの連結したタンクで構成されています。 下部のタンクは給油対象機器に直接付けられているため、タンクと機器のオイルレベルは一致します。 通気チューブを通じて、下部のタンクは大気にも直接接触します。
上部のタンクは、交換用オイルを保管する密封コンテナです。 上部タンクから下部タンクのオイルに拡張ネックが伸びており、これを通じて2つのタンクはつながっています。 下部のオイルタンクの油量が設定レベルを下回った場合に、オイルが上から下のタンクに流れ、空気は延長ネックを通って上部タンクへ抜けます。
  • 最適にオイルレベルを維持することで、適切な潤滑が可能に
  • 簡単な目視点検
  • 再潤滑の間隔が長く LAHD 1000は、最大1リットルの潤滑オイルの蒸発損失を防ぎます!
  • オイルは手動で補充する必要があります。

テクニカルデータ
型番
LAHD 500 / LAHD 1000
寸法

- LAHD 500
Ø 91 mm x 290 mm 高さ (3.6 x 11.4 in.)
- LAHD 1000
Ø 122 mm x 290 mm 高さ (4.8 x 11.4 in.)
タンク容量

- LAHD 500
500 ml (17 US fl. oz)
- LAHD 1000
1 000 ml (34 US fl. oz)
タンク素材
ポリカーボネート
許容温度範囲
- 20 ~ 70 °C (-4 ~ 158 °F)
許容湿度
0 - 100 %
接続チューブ全長
600 mm (23.5 in.)
接続ねじ
G 1/2
チューブの素材
ポリウレタン
Oリングの素材
NBR - 70 ショア
ガスケット
NBR - 80 ショア 6本
その他の素材
アルミ、青銅、ステンレス
適合オイル
鉱油、合成油
SKF logo