研削用スピンドル

SKF では、あらゆる研削機の需要に対応したスピンドルを設計・製造しています。

SKF 研削用スピンドルは、内面研削盤、平面研削盤、円筒研削盤、工具研削盤、特殊研削盤などの工作機械、半導体装置メーカーだけでなく、電子部材、自動車部品等の加工を行っているエンドユーザー迄、幅広く採用されております。

内径研削用スピンドル

ヨーロッパ製のモーターを積極的に採用し、より高速、高精度をテーマにセラミックアンギュラ玉軸受やABEC9 精度等の選択など最適なベアリングのアレンジでの提供が可能です。

平面、円筒研削用スピンドル

高剛性、高精度を主眼におき、SKF 円筒ころ軸受、SKF スラストアンギュラ玉軸受を積極的に採用。

さらなる高精度化の実現のために、主軸シャフトがベルトテンションを受けないフローティングプーリーの採用など、一味違ったスピンドルの提供が可能です。

工具研削用スピンドル

ドリルやボールエンドミルの高精度化に対応するため、高回転精度・高剛性を確保。合わせて特殊モーターの採用にて熱変位を抑えたスピンドルの提供が可能です。

特殊研削用スピンドル

縦型研削盤のような、スラスト剛性を必要とするスピンドルにおいては、スラストアンギュラ玉軸受を積極的に採用し、砥石軸、ワーク軸共に高剛性を実現。

高い回転精度を要求するワークの為には、高精度アンギュラ玉軸受、ガスや油の静圧軸受のバリエーションもとり揃えています。

SKF logo