旋盤用スピンドル

多軸や複合化が進む旋盤業界において、SKF では放熱効果を考慮したハウジング形状や高速化を考慮したアンギュラ玉軸受の配列、剛性アップを目的とした円筒ころ軸受+スラストアンギュラ玉軸受の配列、モーターの内蔵化を提案してきました。

今SKF が注目しているのは、主軸の超精密化への挑戦です。

ガススピンドルで培った低振動と高いバランス精度のノウハウに加え、ABEC9 ベアリングの採用で、より高精度を追求し、お客様のワーク加工精度の要求を満たすスピンドルの提供が可能です。

SKF logo