Cookies on the SKF website

SKF uses cookies on our websites to align the information shown as closely as possible to our visitors’ preferences, such as country and language choices.

Will you accept SKF cookies?

Contact

温度制御と冷却ユニット

温度制御とは、媒体を一定の温度にして、その温度を保つことを指します。制御には、冷却する場合と加熱する場合の両方があります。冷却に特化しているメーカーもあれば、加熱を主としているメーカーもあります。しかし、最近の傾向は、冷却にも加熱にも対応可能な組み合わせユニットの構築が主流となっています。例えば射出成形工具の温度制御では、まず鋳型を加熱してプラスチックを型に流し込みますが、その後は逆のプロセスがとられます。つまり鋳型を冷却するのです。

この種の装置を提供するメーカー数はここ数年で急増し、多くの小~中規模会社が市場に新規参入しています。そのため、以前にはなかった冷却というステップが新たに必要となり、多くの業界で技術的プロセスが変化しつつあります。

ユニットの冷却能力は数kWから数百kWまでと、広い範囲にわたります。上記のような理由から、非常に多くの異なるポンプモデル(定格出力面で)が必要とされています。
含有コンタミが多い媒体用汎用ポンプ
Designation

Qmax 

[l/min]

Hmax

[m]

TypePDFファイル
PR304Centrifugal pump1-6011-JA
PRA12032Centrifugal pump1-6001-JA
HCT12032Centrifugal pump1-6004-JA

含有コンタミが少ない媒体用汎用ポンプ
Designation

Qmax 

[l/min]

Hmax 

[m]

TypePDFファイル
PRG6032Centrifugal pump1-6007-JA
PRK17533Centrifugal pump1-6067-JA
PSR180255Centrifugal pump1-6065-JA
PXA500250Centrifugal pump1-6062-JA